PRODUCT

NeoShell Jacket

S_2

NeoShell Jacket S_2

Living Dead Aidのみ販売、ウェブ販売は2019年年始予定

国内外の主要100mileレースのレギュレーションをクリア*する“NeoShellジャケット”



POLARTECの“NeoShell”の特徴は“優れた通気性”に尽きる。

悪天候の中、3レイヤージャケットを着用して動き続けた事があるランナーならば経験した事がある「発汗などによる内部の蒸れ」の問題。

耐水圧透湿性が優れていてもその恩恵を受けられるのはほんの一瞬に過ぎない。

内部の蒸れは汗冷えや不快感などパフォーマンス低下を引き起こす原因ので、

3レイヤージャケットの生地を選ぶ際に重要視したのは
耐水圧などではなく
「ジャケット内側が極力快適な状態に保ち続ける事」。



他銘とは商品コンセプトが異なり、
「通気性」を武器にしているPOLARTEC“NeoShell”こそが
ANSWER4の求める生地なので採用。

*山の悪天候に耐えられるフード付きで通気性のあるフードジャケット
(ゴアテックスもしくは同等の素材のもので耐水圧10,000以上、RET13以上のもの)

<NeoShellの特徴>

・防水10,000+mm

・99.9%の風を遮断

・優れた通気性

・アクティブコンフォートの為の伸縮性

・しなやかな質感でハードシェルよりも静音

・洗濯機使用可



<NeoShell参考資料>
PDF


価格:45000円(税抜き)

サイズ:XS~Lサイズ

重さ:XS 240g、S250g、M260g、L270g

カラー:Black

素材:Nylon 100% ポリウレタンラミネート



<サイズ>




<サポート選手の商品レビュー>
小原 将寿選手

最初に手に持った時に造りがしっかりしているので走ると多少ごわつくのかなと思ったのですが、
着心地がすごく良かった。

下りなどで大きく腕を振る際にも、全く気にならない滑らかな動きが可能でした。

ちょっと気温が高い日で結構汗をかいたのですが、
内側に籠らず快適に着続けることができました。

また、これまでに使っていた他社のシェルはポケットがないものだったのですが、
大きなポケットが両サイドに付いているのでかなり使い勝手がいいです。

そして、とにかくカッコいい。

普段着として街歩き用にも使えるデザインなので、
山でも街でも使えるシーンがかなり多いです。



井原知一選手

シェルは特に雨やコンディションが悪くなったときに使うので、
パックの上から着ることが多い。

大きなポケットが二つ付いていることで、
必要最低限のものをシェルのポケットに入れられることで使い勝手がよい。

フードが鼻先まで隠れるデザインなので、
バークレイマラソンで雨風がピークになったときも体を冷やすことなく暖かく保てた。

また、パワーグリッドとのパターンの形状もマッチするため相性も良かった。

今まで使っていた他銘ジャケットは雨を防ぐことは出来るが、
身体を動かすことで出る汗や熱によってシェルの中がビショビショになってしまった。

ネオシェルの生地は身体からの熱がシェル内に籠らず外に逃がしてくれるため、
シェルの中のウェアが濡れづらく快適だった。

軽いし街着も出来るデザインもいい。



久津間紗希選手

走って汗をかいても、とにかく蒸れにくいです。

ほんとに、いつもは雪山でも登りだとすぐハードシェル脱ぎたくなるんですが、
全然暑くも寒くもなくよかったです。

着心地がよくて、走るのにもストレスがないのでずっと着ていたくなります。

下山後、街着としてもかっこよくてお気に入りです

。

田中“JR田中”裕康選手

黒を基調としたハードシェルなので、日常生活で使っても全く違和感なく使える。

実際に普段仕事に着て行っています。

自転車通勤なので雨が降った時はその威力を最大限に発揮しています。
100マイルやトレイルランニングなどのハードなアクティビティでの使用感も抜群です。

雨が降っていても、負荷が高いと汗を掻き、
通気性が悪いとレインウェアの中もびしょ濡れです。

NeoShell Jacketだと、透湿性&通気性が非常によいため、Jacketの中は快適です。

ANSWER4の速乾性のあるTシャツと 組み合わせると最強の組み合わせになります。

また、フルジップ&ダブルジップは体温調整が非常にしやすく、

暑いと感じれば上下のジッパーを少し開けることにより体を冷やす事が出来ます。

デザイン&機能が最高なので毎日でも着たいJacketです。



永田務選手

雨のなかでも長時間ランニングしても蒸れづらく、快適に動き続けられました。

ウェアはタイト目に作られているためとても動きやすく 窮屈感はありません。

フードは風にふかれてもゴムで調節できる為、外れる心配はなく首周りも温かい。

フードも被りやすくて被るとあったかくて助かりました。

洗いすぎると防水機能が低下するので注意です。



星野 由香理選手

一番のお気に入りは、その動きやすさ。

他のレインシェルのようなゴワついた感じや突っ張るかんじありません。

立体縫製で縫われているため、腕を振ったり腕を上げるなどの動作がとてもやりやすいです。

また、蒸れによる不快感もないので、雨の日でもこれを着て山に走りに行きたくなります!

シンプルなデザインと、着たときのスッキリとしたシルエットもお気に入りです。

※あくまでも個人的な感想です。ネオシェルなら絶対蒸れないという事はないのでご理解ください。

<手入れ方法>
洗濯機での洗濯可能。
使用後、そのままにしておくと生地の劣化につながりますので洗濯をオススメします。
撥水性が落ちてきた場合は撥水材などでケアしてください


フードはドローコードで調節可能


テープ留め付き袖口


ダブルジップなので体温調整が容易に。


シームテープ加工




星野 由香理選手XSサイズ


井原 知一選手Mサイズ、田中“JR田中”裕康選手

¥45000
SIZE XS (0) S (0) M (0) L (0)
Back print 有り (0) なし (0)